読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常緑日記

トキワが株の運用を中心とした記事を書いています。

銘柄分析【中央自動車工業(8117)】

こんにちは、トキワです。

今回は、銘柄の分析です。
中央自動車工業(8117)について、購入した11/24当時の分析です。

==========
中央自動車工業(8117)
※数値は11/24当時のものです。

1.低PER(目安:10倍以下)
 PER 8.8
2.低PBR(目安:1倍以下)
 PBR 0.90
3.売上高が長期にわたって伸びている(目安:5年以上)
 2012年から5年間伸びています。
 なお、2007年から2011年まで売上高はじりじり下げていますが、2007年から2014年まで一株益は上昇しています。この間の資本異動はないので、経営改善が徐々に進んできたのではないかと思われます。
4.高ROE(目安:10%以上)
 ROE 10.4
5.自己資本割合が高い(目安:60%以上)
 84.3%
6.有利子負債が少ない
 有利子負債はありません。
7.時価総額が小さい(目安:200億以下)
 184億円
8.事業内容がわかりやすい
 コーティング剤を中心とする、自社企画の自動車用品を販売する会社です。
9.その他
 アメリカ、東南アジア、中東などに販売拠点を持っており、国内・海外の販売額の割合はおおよそ半々です。

 SHINPO(5903)と同様、低PER・低PBR・高配当・好財務の小型株です。じわじわと成長するタイプで、会社の営業計画が保守的なところも同じですね。違う点は、海外進出の度合い、SHINPOよりも更にフロー型の事業であるところ、でしょうか。ある程度は景気や為替に左右される業種ですが、手堅い経営をされている印象を受けました。


 株価は、2009年(300円)からゆっくり右肩上がりです。購入当時の配当利回りは3.26%で、配当性向はばらつきがありますが25%~30%が目安のようです。